ホーム
その他情報
お問い合わせ
免責事項
サイトマップ
最終更新日 2012年12月16日

アルギニンの効果や効能、副作用

アルギニンとは
木目調の家のイスのイメージ画像
必須アミノ酸ではありませんが、条件付必須アミノ酸の1つです。 約20種類ほどあるアミノ酸の中でも、体内でつくられないものを必須アミノ酸といいます。

アルギニンは、成人になると体内で作られるため、条件付必須アミノ酸といわれるのです。 成長ホルモンや脂肪代謝、筋肉を強化するため成育期に重要な役割を果たします。

効果や効能とは
体脂肪の代謝を促し免疫力を高めます。
細胞の増殖を促進、コラーゲンの生成促進の作用があるため傷などの治癒に力を発揮します。

また、成長ホルモンの分泌に大きく関係するため成長期の子供には特に重要な要素です。 ほかにも、筋肉を強くすることでよく知られています。

含む食べ物は?
筋肉を強くするための鶏肉を料理した画像
含む食べ物としては、鶏肉、エビ、大豆、キュウリ、落花生、ゴマ、牛乳 などがあります。 アルギニン摂取時には、ビタミンB6と共に摂ると効果的だといわれています。
副作用や注意点は
過剰摂取すると胃炎になったり、下痢などの症状を起こす人もいるようです。

食品に含まれる成分ですので危険ではありませんが、過剰摂取やサプリメントから摂る場合は、容量や用法を守って摂取するようにしてください。

【スポンサードリンク】

※ご注意ください
本サイトでは、食品や栄養成分の期待できる効果などについての情報を紹介していますが、特定の商品の働きを補償するものではありません。
また、通常の食べ物などから成分を摂る場合には過剰摂取などの心配はありませんが、成分を凝縮したサプリメントなどから摂る場合には商品の注意書きをよく読んで十分に注意してご使用ください。