ホーム
その他情報
お問い合わせ
免責事項
サイトマップ
最終更新日 2014年12月15日

ルチンの効果や効能、副作用

ルチンとは
普通のソバが出来上がったイメージ画像
ソバなどに含まれることで有名なビタミンの一種でビタミンPとも呼ばれています。 ポリフェノールの一つで、毛細血管を丈夫にしたり脳出血の予防などに効果があるとされています。

欠乏すると、歯茎から出血しやすくなったりキズが治りにくくなったりすることがあります。 ソバに多く含まれていることで有名ですが、田舎そばや韃靼そばなど、その種類によって含まれる量も違ってきます。

効果や効能とは
毛細血管を強くする作用や、血圧を下げる作用があるので高血圧の予防が特に有名です。

他にも、糖尿病、動脈硬化、脳卒中などへの効果が期待されています。 また、ビタミンCの吸収を助け酸化を防止する効果もあるため皮膚を健康に保つ働きもあります。

多く含む食べ物とは
たくさんの蜜柑の画像
多く含む食べ物としては、蕎麦が有名ですが、その他にもオレンジ、ケール、なす、たまねぎ、アスパラガス、ほうれん草などに含まれています。

なお、韃靼そばには、通常の蕎麦の2倍のルチンが含まれていると言われています。

摂取時の注意
蕎麦からルチンを摂取する場合、水に溶け出してしまうため、そば湯を必ず飲むように心がけてください。 また、そば茶などからも効率よく摂取することができます。
【スポンサードリンク】

※ご注意ください
本サイトでは、食品や栄養成分の期待できる作用などについての情報を紹介していますが、特定の商品の働きを補償するものではありません。
また、通常の食べ物などから成分を摂る場合には過剰摂取などの心配はありませんが、成分を凝縮したサプリメントなどから摂る場合には商品の注意書きをよく読んで十分に注意してご使用ください。